日々変化する仕事だからおもしろい。
全体を見ながら臨機応変に対応しています。

外食事業部

上條 綺莉 KIRI KAMIJO

2019年入社 日本福祉大学卒

Q. 石橋青果に入社を決めた理由は?

私は長野県出身で愛知県の大学に進学。就職先の場所にはとくにこだわりはなく、「身体を動かす仕事」「平日に休める会社」という条件で探していて石橋青果を見つけました。会社説明会に参加したとき、社長や先輩方のお話を聞いたり職場を見学したりする中で感じたのは、「温かい人たちばかりだな」ということ。最終的には人の雰囲気で入社を決めました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

入社後は外食事業部に配属となり、飲食店やホテルなどのお客さま向けに、青果を小分けして発送する仕事を行っています。お客さまにお届けする時間に合わせて配送時間が決まっていて、それに間に合うように小分けしなければなりません。今、誰がどの作業をしているかモニターに映るので、遅れている作業があれば手伝いに入るなど、全体を見ながら臨機応変に仕事を進めていきます。

Q. やりがいを感じるときは?

お客さまによって要求が違う上に、野菜は天候などの影響で状態が変わります。単純作業ではなく、日々変化する仕事なのでおもしろいですね。入社間もないころは、仕事に慣れていないため、一杯いっぱいになってしまうこともありましたが、「大丈夫?」「手伝おうか?」という周りの人たちの声に支えられました。今は自分で考えて動くことができるようになり、それによって外食事業部全体の仕事のバランスが取れたときはやりがいを感じます。

Q. 夢や目標はありますか?

もっと仕事をスピーディにできるようになりたいですね。また、配送は当社の物流部が行っているのですが、物流部が休みの日は小学校の給食用の食材を自分で配送します。幅広い仕事を経験することと、どんな仕事でも早くできるようになることが当面の目標です。

市場の現場は活気に溢れ勢いがある。
そんな中で毎日「やりきった感」が味わえます。

市場事業部 兼 物流部

安永俊範 TOSHINORI YASUNAGA

2017年入社 滋賀県立大学卒

Q. 石橋青果に入社を決めた理由は?

生活に欠かせない「食べ物」は、世の中から必要とされているもので、景気の影響を受けにくい考え、食べ物を扱っている業界を志望していました。複数の会社を訪問した中で、説明会で社長のお話を直接聞くことができたのは石橋青果だけ。会社の将来について具体的にお話しいただき、その想いに共感したことが入社を決めた理由です

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

市場事業部の販売者の補助をしています。具体的には、卸会社から入荷した大量のケースの青果を当社の作業場まで運んで集め、お客さまの注文に応じてトラックに積み込む仕事です。毎日さまざまなお客さまのトラックが次々と到着。それぞれ求めるものの数や等級が違うので、間違えないように気をつけながら作業しています。また、外食事業部が小分けした青果を配送する物流の仕事も兼任。早朝は市場事業部、午後からは物流部の仕事を担当しています。

Q. やりがいを感じるときは?

連休前は休みの日の出荷の準備もするため、販売人は商品を足りなくならないように在庫を増やします。しかも、平日より需要も大きくなるため、置場がなくなるし、出荷は大量だし、もう戦争状態。とにかく無事に間違いもなく全部出荷し終わったときは、ホッとすると同時に大きな達成感がありますね。

Q. 石橋青果はどんな会社?

面倒見のいい先輩が多いですね。例えば、後輩が結婚すると聞いたら熱田神宮にお守りを買いに行って「おめでとう!」と言って渡したり…。一緒に働く人に気配りを忘れない、そんな温かい人たちに囲まれて仕事ができる会社です。

「必要なものが必要なときにある」状態をつくり出す
販売者になることを目指して勉強中です。

外食事業部

松浦 大翔 HIROTO MATSUURA

2017年入社 中部大学卒

Q. 石橋青果に入社を決めた理由は?

会社説明会で社長と話せたことが一番の理由です。会社の理念や、今後どうしていくか、直接トップから聞くことができたので、心が動きました。また、職場体験したときに、人間関係の良さを実感。「ここで働きたい」と思ったので入社を決めました。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

入社して2ヵ月間は、さまざまな事業部をローテションして一通りの仕事を経験。現在は市場事業部で販売者を補佐する仕事と、物流部でお客さまに青果をトラックでお届けする仕事を兼任しています。市場事業部の商品は八百屋さん、スーパーマーケット、カット野菜などの加工工場へ、外食事業部の商品はレストランなどの飲食店に青果をお届けします。注文通りの商品をミスなくしっかりお届けできたときはうれしいですね。

Q. 失敗したことはありますか?

少し離れたとことに冷蔵庫があるのですが、そこからトラックで青果を運んでいたとき、荷物が傾いて倒れ、道路に野菜をぶちまけてしまいました。後から来たトラックの人が、自分の仕事があるのにも関わらず片付けを手伝ってくれて、代わりのものをどう出すか社長や販売者と相談して何とか乗り切ることができました。皆のサポートがうれしかったですね。

Q. 夢や目標はありますか?

今は販売者の元で勉強中ですが、いずれは販売者になり卸会社から商品を買って販売する仕事をしたいですね。「必要なものが必要なときにある」状態にすることが販売者の腕の見せどころ。その日にどれくらい注文があるか検討をつけて前注文するのは至難のワザです。販売者になるためにはまだまだ知識が足りないので、毎日の仕事の中でしっかり勉強したいと思います。