CLOSE

2018年8月

今年の夏は本当に暑かった。命に係わるような暑さという体験は初めてであり39度前後が何日も続くということは初めての体験でありました。チベット高気圧と太平洋高気圧が重なり、居座ったということが原因のようです。また、台風が沢山来ており災害が起こらないことを祈るばかりです。これから秋冬野菜の作付けが始まります。相当高温の中での播種でしたので何か問題が起こるような気もします。その上に台風が例年より沢山発生していますので年末に野菜が高くならないことを祈るばかりです。
 8月15日平成最後の終戦記念日を迎えました。現天皇陛下による最後のお言葉は過去の過ちを後世に対して促すものでありました。多くの先輩が自らの命を犠牲にして今の日本を作り上げたことを忘れてはいけないし、一つの命の重たさを改めて認識しなければならないと私自身感じております。
 お盆休みに、義理の姉のお母さんが亡くなりました。葬儀に際し、生死ということで感じることがありましたので、ここに記しておきます。亡くなる4週間前までは自分のことは自分でできていたようです。認知症もなくお互いの意思疎通もしっかりとできていたということですが、この暑さの影響もあったとは思いますが、体調を悪くして病院に入院、その治療中に心筋梗塞を起こしたということです。心筋梗塞を起こしてからしばらくすると会話もできなくなっており、問いかけにうなずくだけという状態だったようです。いよいよ食事が喉を通らなくなり、体を傷つける胃ろうをするかどうかという状態になった時に義姉は、「お母さん、お家に帰ろうか?」と尋ねたと言います。すると、お母さんはうなずき、その時に治療のための点滴などを取ろうとしたということです。自宅に戻り2週間程度何も食べることもなく、点滴もせずに静かに息を引き取りました。喪主は義姉の甥でした。彼は告別式の最後のあいさつで自分の心境を正直に話してくれました。義姉が決断した治療をしないということに疑問を持ち、お婆さんは、本当は生きたいのではないか?と毎晩お婆さんの枕元に行き、「今からでも治療をするために病院に戻ろうか?」と聞いていたそうです。でも、お婆さんはそれに対して返答をしなかったということです。彼はお婆さんの死に向かう姿から生きるということを学んだと言っていました。今の医学は延命治療をすることはそんなに難しくないようです。自分の意志とは異なり、ストロー状態になって生きている状態は本当に生きているといえるのだろうか?それよりも自らが持っている力に任せ自らの命を全うすることが生きるということなのだと。私自身、二人の父をここ数年で亡くしおり、老いてゆく姿を見ていると自分自身の生きる意味がなんなのかを考えずにはいられませんでした。多分彼も同様なことを感じていたのだろうと思います。
 将来を見据えてより良き人生を謳歌するために自らを磨き、周りの人と良き関係で生きることはとても大切な事だと思います。その反面に人間はいつか死を迎えるということを忘れてはならないのでしょう。周りの先輩方々は生きている我々に自らの命をもって生き方を考えろよと教えているような気がします。当社のメンバーは随分若くなりました。若いからこそ良き人生を送ることを考え、将来どうなりたいのかを真剣に考えて欲しい。40代ではこんな気づきは全く感じませんでしたが、光陰矢の如しです。
 
健康に生んでくれた両親に改めて感謝です。

DMPHからの学び その87

「責任は俺が取る。安心して思いきってやってみろ」
上司にこう言われたら、“勇気”も“やる気”も湧いてくる。
責任を最後に取る覚悟。
肝のすわったリーダーの下には責任感の強い部下が育つ。

先日ナイキの創業当時の話を聞いた。
日商岩井の若き現地社員がナイキという会社を救ったという。
それはリスクをとる覚悟があったから。
皆に挑戦する勇気をもってもらいたい。

DMPHからの学び その86

【こんなリーダーはいらない】
1叱ることほめることのできないリーダー
2自分が主役でいたいリーダー
3朝、不機嫌なリーダー

リーダーは人を育てるためのスキルも必要です。
また、人格も必要です。
見られていますリーダーは、
私も常に見られているということを意識します。

DMPHからの学び その85

率先垂範はリーダーの必要条件。
うまくいくコツは、さりげなく、自然体で続けること
【子は親の後姿を見て育つ】

さりげなく、自然体で続けるということが
とても難しいと思います。
どうしても、自分がやってることを主張したくなりますね。

DMPHからの学び その84

知っていても、できることでも、
出しゃばらず、そっと周りに配慮する。
そんな奥ゆかしさ、スッキリとした存在感。
人間のセンスはこんなところに表われる。

日本人の特性として察するということがあります。
最近はそれが忖度という言葉で察することが
忖度と共に悪いものという風潮があります。
でも、上記のように振舞うことはとても日本人らしい

DMPHからの学び その83

人間関係に必要な配慮とは、
相手に対する謙虚さと、
徐々に物事を変えていこうとする
気の長さ。そして、優しさである。
(曽野綾子)

人間関係には配慮が必要のです。
強制では人間関係なりません。
それも、ゆっくりと進むといことが大切なんですね

DMPHからの学び その82

江戸では「人間」と書いて「じんかん」と読ませたと言う。
人と人には“ほど良い間合い”が大切。
べったりはきしみの元。
間が開き過ぎると疎遠になる。
「親しき仲にも礼儀、礼節が大事」

ほどよい間合いということは考えても身に付きません。
経験が体験となって、そのほどよさになるのでしょう。
SNSでつながるということは程よいということになるのか?

DMPHからの学び その81

アノネ、お礼とお詫びは早い方がいいよ。
おそくなると余計な弁解をしなければならないからね。
(相田みつを)

相田みつをという方の感性は素晴らしい。
弁解って、自分を擁護するための言い訳ですよね。
どうせならそんな言い訳をすことなくのびのび
生きた方がかっこいい人生ですよ

DMPHからの学び その80

相手に良かれと思ってやっても、親切の押し売りだったり
自分の心を満足させたい為の言動であったり・・・
何もしないで、見守ることが、本当の思いやりであることも多い。

やってあげる、ということは自分の心を満たすこと
やらしていただく、ということなのだと思います。
待ってあげる、見守ってあげることが大切なんだなと!

DMPHからの学び その79

「不機嫌な顔をすることは。環境破壊」
(ノートルダム清心学園 渡辺和子)
不機嫌な顔は相手の気分を害し、
人間関係や社会にひずみをつくる。
「笑顔、暖かい言葉、思いやり」こそ環境に優しい。

人間の本質は喜怒哀楽があるということ
そして目・耳・口・鼻・触るという五感でそれを感じ表現をします。
環境破壊という言い方は大変厳しい言い方であると思いますが
自分が表現した態度や表情は相手が受け取ってどう感じるかということ
どうせならにこやかに相対したほうがいいに決まっています。