CLOSE

行き詰まりが多いのは

行き詰まりが多いのは
 自分が裸になれていないから

行き詰るというのは、仕事上で言えば
皆の協力が得られない、もしくはお客さんからの
無理難題が解決できないなどではと思います。
商売に駆け引きが必要と言われますが、
その前に商品を買ってもらうのではなく
その人だから買いたいという人間関係を構築してほしい
その為には、自ら包み隠さず相手に自分を知ってもらう必要がある。

心配事が多いのは

心配事が多いのは
 今を懸命にいきていないから

残念ながら本日のこの言葉は何度読んでも
私自身の腹には落ちてきません。
問題はなくならない。
懸命に生きていても何かの壁は目の前に現れてきます。
懸命に生きても心配事は出てくるとは思います。
ただ、言いたいのは懸命に生きていると
周りの人が助けてくれるということが言いたいのかなとは
だから心配事が少なくなるのかなと感じています。

悲しいことが多いのは

悲しいことが多いのは
 自分の事しかわからないから

上手くいかないのは悲しい、
周りを見てみると皆すべてがうまくいっているわけではない。
孤立することなく自ら輪に入ることもとても大切!

苦しいことが多いのは

苦しいことが多いのは

自分に甘えがあるから

 

厳しい言葉だとは思います。

上手くいかないなと、にがにがしく感じる時

実は、自分中心で物事を考えているときが多い。

視点を相手においてみると利己的に考えていたと

気づくことがあります。

 

辛いことが多いのは

辛いことが多いのは

感謝をしらないから

 

辛い事って確かにあるし、なんで自分だけこんな思いを

するのだろうという気持ちになる。

その時に周りを見渡して深呼吸!

この世に出してくれたお母さんに感謝。

仕事を助けてくれている仲間に感謝。

2024年6月

6月に入りました。もうすぐ梅雨に入ると思うと何となく気が重いという方も多いのではないかと思います。5月の後半に台風1号が発生し、昨年のように大雨を降らせるのかなと思っていましたが大きな被害は免れたようです。日本自体が亜熱帯化しているように私は感じており、特に九州産地の農作物は、10年前と比べると病気が出やすくなっているように感じます。事実としては産地間の端境期ができ5月は中旬からキャベツ等が高騰して当社としても大きな痛手を受けました。6月が熱い初夏になると色々な作物に影響が出ると思われます。担当者の方は産地情報を多方面から集めて見積もりに生かしてもらいたいです。
 先日、顧問弁護士の勧めもあり愛知県警察本部を見学する機会をいただきました。名古屋の中心に県警があるのは知っていましたが、まず見学コースがあることと共にあの建物の中に何があるのかも知りませんでした。県警本部の建物には、110番通報の取次する部署と愛知県の幹線道路の信号機をコントロールする部署がありました。最初に県警に入りサイバー防犯係の方からお話を伺いました。毎日のメールの中にあなたのメールアカウントを乗っ取りました、返してほしかったら添付した資料をひらけ、とか下記のURLをひらいて詳細を確認しなさいなどという文言があると思います。そうしたメールにたいして絶対に添付を開いたり、記載されたURLをクリックしてはいけませんということを強く話していただきました。ランサムウェアーやフィッシングメールに感染するということです。ランサムウェアーは、身代金メールと言われるものです。係の方は実際に乗っ取られた画面を見せていただきました。すべてが英語で書かれているために詳細は私にはわかりませんが、自分の使っている画面が黒く反転してディスクトップに貼ってあったアイコンなどがクリックできなくなります。乗っ取ら得た画面を返してほしかったらビットコインで金を払えというものです。多分ですがビットコインで支払ったとしてももう自分の情報は元通りにはなりません。だから絶対に知らないメールアドレスから来たものは開いてはいけません。現在はアマゾンだとかイオンカードなど有名な会社の名を語り、我々のパソコンに入ってきます。発信されたメールのアドレスが知らないところのものは、その指示に従ってはいけません。特にネットワークにつながっているパソコンが感染したら直ぐにLANを遮断してください。有線も無線も同様です。理由は忘れてしまいましたが、LAN遮断したら電源は切ってはいけないといわれました。また、乗っ取られた画面を写メなどして警察に相談をしてくださいとのことでした。また、フィッシングメールに感染するとお客さんなどに大変迷惑をかけることになりますので疑わしいサイトには行かない、知らないメールは開けないことを守ってください。その他ですが110番は緊急のための電話であり緊急でない問い合わせは#9110にしてくださいとのお願いもされました。
 予約は必要ですが、子供さんなどを連れて見学をされるといいと思います。警察官がこうやって我々の生活を守ってくれているということを実感します。一階には白バイが展示してあり白バイを触ったり乗ったりすることができる上に警察の制服を借りて白バイに乗車した写真が撮れます。

連絡の重要性

本日、午前中に浜松に行く用事があった。

はやたろうさんが経営する満月という焼き肉屋で

食事をするということで女房も一緒に浜松についてきた。

満月で焼き肉ランチを美味しくいただいた。

レジにて、

「石橋青果です。いつもおせわになっています」と

責任者の方に挨拶をさせてもらって帰った。

すると、1時間後に小林社長から電話でお礼の電話をいただいた。

はやたろうさんの会社内部の連絡網のすばらしさを感じる。

当社も見習いたい。

2024年5月

新緑が美しい季節です。ゴールデンウィークには夏日が続出する状態でしたがやはりこの時期はとても過ごしやすく気持ちのいい季節です。しかし、昨年と比べると野菜はちょっと高いかな?という感じですが果物はいつまでたっても高値推移です。適度に雨は降っているので順調に作物が増えてくるかなと思っていますがどうかなと?生産者の高齢化は相当なスピードで進んでいるのでこうした影響も作物の単価に影響しているのだろうと思われます。5月5日の朝刊に子供の減少が記事になっていましたが、少子高齢化の問題は国内青果物にも大きな影響を及ぼします。

うれしいお知らせがあります。4月の新入社員に加えて、5月からベジドラ事業部に戸谷さんがそして総務に高橋さんが迎え入れることができました。まだ、物流部、外食事業部名古屋はまだまだ充足されているとはいいがたいですが、こうして仲間になっていただける方が増えてゆくということはとてもありがたいです。

このゴールデンウィークで3人目の孫がこの世に生まれてきました。小さくて守ってあげたいと無条件に感じます。私にも子供がいて子育てをしていたのだろうとおぼろげながらに思い出しているのですが、私自身はあまりいい父親ではなかったかもしれません。それでも子育てをしていてとても難しいなと感じているのが子供に感謝とは何かということを教えることです。まず、当たり前にあることが有難い事であると気が付き感謝をできるようになって欲しいということです。親が子を育てることは、当たり前です。子供に対して衣食住を満たしたからと親に感謝をしなさいなどということを言いたいのではありません。一例をあげると健康に暮らせることへの感謝です。入院する様な大病やケガをすると健康の大切さに気が付き、体を自分の思い通りに動かせることがどれくらいありがたい事かを気づきます。完治する直前までは人は大いに反省をするのですがその反省も元の木阿弥になることも多々あります。まぁ、私が酒をいただくのも反省の無さの一つかもしれません。

人間は、一人で生きているのではありません。現代の社会では家庭、会社、地域、国、世界で皆が支え合って生きているのです。見えづらくなっているのは経済活動において、本来なら皆が感謝をしあえると世の中がもっと良くなると思うのです。数百年前であれば、海辺に住んでいる人は海産物を、山間部に住んでいる人は山の幸や今でいうジビエをそれぞれが持ち寄り物々交換をしたのでしょう。その対価はお互いの労を労うということであり感謝の表れだったと思います。しかし、現代は作る人、運ぶ人、売る人などの分業がすすみ貨幣経済となったためスムーズではあるけれど当たり前にあることが当たり前であり、不足をすると多くの人が不満をぶちまけます。その上、金さえ払えばいいでしょという風潮が見え隠れしています。物を買う方が、立場が上であるなどと考えるのは大間違いだと思うのです。売る方も買う方も互いに感謝をしあうことができると社会はとてもやさしくなります。

会社においても一緒ですね。お互いに持ち場があり支え合っているからこそスムーズに仕事ができている。このゴールデンウィークに皆さんに色々と負担をかけております。これからも皆で問題を解決し、互いに支え合っていきましょう。

2024年4月

先月のつぶやきに暖かな冬と記しましたが、3月は冷え込みが続き桜の開花が4月に入ってからとなりました。この影響は野菜にも大きく出ており3月末からの長雨とともに野菜全般の相場が上がっております。この時期はひねから新物に種が代わる時期でもあり、白菜などは例年にない程の値上がりをしました。4月に入り少し落ち着くのではないかと思っておりますが、ゴールデンウィークを控えており産地リレーが順調に進んでくれることを祈るばかりです。

今月からWEB給与明細書を始めました。このつぶやきをどのようにして伝えていこうか試行錯誤です。まずは、当社のホームページにアップしているのでそのリンクをWEB給与明細書に明示します。また、紙での給与明細書なるべくなくしていきたいのでどうか皆さんWEB化に協力をしてください。

4月に3名の新入社員を迎え入れることができました。採用を担当している石川君に心より感謝します。3名がこれから各部署で2か月間仕事をします。明るく元気に彼らを盛り立ててください。よろしくお願いします。

計画を作るうえでの考え方として、現状維持の計画は、衰退の始まりです。背伸びをした計画を作ると痛みを伴うものです。現状を上回る計画を作り実行しみたが、昨年対比で100%に終わってしまったということはあり得ることです。しかし、計画を最初から昨年と一緒という考え方では昨対の100%を切ってしまうということです。会社が成長するということは、社員ひとり一人が成長するということだと考えます。成長しようとすると必ず壁にぶつかります。例えば、何かのやり方を少し変えようとするだけで関わる人達の同意を取ることが難しいことがあります。しかし、あきらめることなく意見を出し合い、一緒に考えることは反対意見を受け入れ改善をしてゆくことにつながります。そうやって自らの考え方と違う考え方を取り入れることが人の成長につながるのです。

先日信号待ちをしているときに隣の車の後部座席におしゃぶりをした子供がベビーシートに座っています。驚いたことにその小さな手にはスマフォがあります。それもかわいい手でスマフォの画面を上げたり下げたりしながらスマフォ操作を大人と同じようにしているのです。コロナが流行した後の今の世界は、人付き合いを含め常識が大きく変わりました。そこに拍車をかけているのがAI技術であり車の自動運転であったりするのです。世の中の変化の速度は相当のものだと思います。

こうした環境の中で自社がどのように変化し、採算を合わせ、どうやって利益を出してゆくかというのが計画の中に入っていなければなりません。もちろん実際にやっていることと計画に何らかのギャップができますが、それを一つ一つ具体的な施策で乗り越えてゆくことが一人一人の成長につながるということです。

出てくる問題は成長発展の糧であると信じて、問題から逃げるのではなく問題を乗り越えてゆくという勇気と知恵を出し合って欲しいです。

お客さんに最高の満足を与えて、最大の信頼を得るために皆が明るく元気に楽しく仕事をしてゆきましょう。

 

2024年3月

この冬の気温が1898年から2番目に暖かな冬であると報道がありました。確実に温暖化に進んでいるのでしょう。しかし、日本の四季はまだまだ根強くあり、3月に入り北風が吹く気温の低い日でも太陽からはぬくもりを感じます。北海道産の玉ネギは、気が付くと根が生えてきます。こうした玉ねぎは商品にはなりませんが我々に春の訪れを知らせてくれます。

令和6年能登半島地震への支援はこれからも必要だと思うのですが報道も落ち着き一般的な関心が薄れてくるのがとても怖い状況です。ウクライナとロシア、イスラエルとパレスティナいずれも時間が経つにつれて遠い国のこととなってしまっているのかもしれません。何とか復興も終戦も早期に実現してほしいと祈ります。

皆さんにご協力のお願いです。新しいと取組として給与明細書のWEB化を進めます。私毎で申し訳ありませんが、現在4社160名ほどの給与明細書を月初に封筒に詰める作業を行っています。「お疲れ様でした。」と一人一人に給与袋を手渡すことはとても価値のあることだと思って今まで行ってきましたがやはり人数的に限界に達したと感じております。スマフォやパソコンに明細が届きます。また、会社のPCでも明細が見られ、印刷もできるようにはするつもりですのでどうか皆さん協力をしてください。2月分給与をあいんぐにて実行してみてトラブルがなければ3月分から全社にて実施させてください。よろしくお願いします。

人は皆の顔が違うように考え方や習慣・行動は皆違います。しかし、人は根源的にみんな仲良く暮らしたいと思っているのですが、考え方等の違いによって気が合うとか合わないとか、もっと広げると人種や宗教の違いによって争いや戦争にまで発展してしまいます。前回にも記しましたが、人間性が進化していないということが争いの原点になっているのです。親は子供に対して仲良く遊びなさいと言いますが、大人であるトップリーダーは隣の国と戦争をするのです。人間性の進化はこれからの人類にとってとても大切なテーマだと思います。人間性を進化させるために自分から良き人間関係をつくることを心がける努力をすることが大切です。良き人間関係をつくるためには、理路整然とした理屈で相手の考え方をかえようとしてもうまくいきません。人は心がほしいと思っているのです。心がほしいとは、「認めてほしい、わかってほしい、誉めてほしい、好きになってほしい、信じてほしい、許してほしい、待ってほしい。」思風ちゃんはこの7つのほしいを相手に与える努力をすることが愛だといいます。この努力をすることは誰でもできると思います。もう一つ重要な原理原則が「人間は長所と短所を併せ持っている」ということ。あの人のあそこが嫌だからとあの人を許すことができなくなります。しかし、あの人の良い所も確かにあるのです。わかっていても許せん!と思ってしまうと悪い所ばかり見えてきます。そんな経験から短所を無くさせようとしますが短所はなくなりません。なぜなら人は完全な生き物ではないからです。短所を無くす努力をするよりも長所を伸ばす努力をすることがとても大切なのです。地域、職場、家族、という人の集まりの中で、互いに相手に伝わる挨拶をして、互いのことを気づかって生きるということが大切だと思うのですが皆さんはいかがでしょうか?