CLOSE

心をあげる方法

相手は、認めて・わかって・誉めて・好きになって・信じて・許して・待って

…欲しいと思っている。

心をあげるとは、お互いの心の絆を作ること。

 

心の絆をつくる方法

・認めてあげる努力をする

・わかってあげる努力をする

・誉めてあげる努力をする

・好きになってあげる努力をする

・信じてあげる努力をする

・許してあげる努力をする

・待ってあげる努力をする

7つの努力をし続けることが愛するということ。

自分が自分を成長させる

自分を作るのは自分である。

一度の人生です、よりいい人生にしたいと

誰しも思っているのだと私は考えています。

だからこそ、自分を成長させることを考えて欲しい。

自分を認めて好きになり

他人を認めて好きになり

関わる人と共に成長をする自分を作り上げてゆく

人の役に立つ

人は支え合って生きるから人という字になっている。

だからこそお互い様の精神で、人の役に立つことを喜びにする。

先ずは自分に、そして家族に、関わる人に喜んでもらえるような

行動をすること、こうした考え方を持つことが自らを成長させる。

自分が儲ける、有利になる、利己的になるのではなく

相手が儲かって我々が儲かるという利他心ということです。

人の役に立つ我々、我社であろう

熱中する

娘に教わったことがある。

熱中が熱中を生む。

彼女の先生が彼女に教えた言葉だという。

自分の好きなことに熱中をする、すると周りを巻込み

自分はもっと熱中をすることになる。

自分の熱中が長所を伸ばすというになる。

成長するために

挫折を体験させてはならない。

失敗をしても何度でもやらせてみる。

改善点を見出し繰り返しやらせてみる。

やった!

わかったぞ!

出来た!

という体験をすることが成長をすること。

子どもに対しても、自分に対しても。

完璧を求めて

完璧にできないことを知っていても

だから、中途半端を目指せと言っているのではない。

完璧にできることを目指すことは必要な事です。

だから人は成長をすると思います。

出来ないことを一所懸命にできるようにしてゆく

この成長意欲が大切だと思います。

長所と短所

長所とは人が好んだり、人の役に立つことが出来ること

短所とは人が嫌がいやがる行動だったり役に立たないこと

と、定義をする。

だから、短所を自覚して短所が出ないようにすることはもちろん大切。

しかし、短所に目を向けるのではなく長所を伸ばすことに目を向けよう。

長所を伸ばした上司をみて、あの上司こんなことでちょっと失敗するのよと

部下は、短所を笑いに変えてその短所を部下が助けてくれる。

謙虚になると短所を助けてくれる。

謙虚さを持つとは

傲慢ではなく謙虚さを持つということはどういうことか?

人は、失敗をします。

人は何事も完全にはできないからです。

先ずは、完璧にできないということを自分が知ること。

そして、人は長所と短所を持ち合わせていることも

合わせて、知ることが大切です。

自分の短所を自覚するから謙虚になれる。

 

“自分の意見を押し通そうとする癖があると知るから

先ず人の意見を聞こうということが謙虚の第一歩“

 

心を育てる

馬鹿野郎!などの心無い言動は恥ずかしい。

心ある人間に成るために自分自身を育てる。

それは心を育てること。

では心を育てるとは?

「傲慢ではなく謙虚さを持つこと」

2021年9月

 

お盆の長雨の影響なのでしょうか?8月後半から急に秋を感じます。日中は30度を超す時もありますが、空気に涼しさを感じます。お盆明けからきゅうり・レタス・白菜などが高値傾向になりました。ただ例年の感覚だと値動きがおとなしいと感じます。これは飲食店の営業が20時までとなっている影響なのでしょう。外食需要の分を各家庭で消費しているかというとそうではないのでしょうね。ネットゲーム業界や車の製造は好調のようですが飲食は昨年と比べても大幅なダウン、そして小売も伸び悩んでいる状況です。次の政権が対策をすることを期待します。

オリンピックそしてパラリンピックが終了しました。彼らアスリートの日ごろの努力は凄まじいものがあると想像がつきます。この大会に出られなかったアスリートを含め熱い気持ちを伝播してくれたことに心より感謝します。特にパラリンピックの選手からは多くの事を学ぶ機会になりました。もし自分が交通事故などで肢体が不自由になった時に彼らの様に強い気持ちで生きられるのだろうか?と、想像をした時に五体満足な体であることに先ず感謝をすると共に、その体を十分に使いきっているのかどうかを考えさせられております。まだまだできるのにも関わらず疲れた、痛い、ちょっと苦しいと簡単にあきらめている自分にも気づきます。また、大きな気づきは無いものを数えても・無くした物を数えても仕方がないということです。必要なことは持っているもので努力を重ねてゆくことが大切なんだなと。最年少の14歳のメダリストになった山田美幸さんがレース前に登場した時に他の選手は両腕があったの見て何か不公平だなと勝手に私は決めつけていました。彼女の両手は無く、右足は短く左足しかありません。その左足も障害がある様に見えます。そんな姿を見て私自身勝手に他の選手のほうが勝つんだろうなとボンヤリとテレビの画面を見ていました。レースが始まると、え!という驚きです。皆さんもそうだったのではないでしょうか?左足一本でぐいぐいと進んでゆく。背泳ぎで、頭が沈んでしまわないのが不思議なくらい。気が付くと声に出して「頑張れー」と言っている自分。最後は抜かされて2位になってしまったけれど素晴らしいレースでした。山田さんがレースを終え激しい息をしているのに背が足らないために水面に浮き沈みをしてる。浮かび上がった時に息をして又水の中に頭を沈める、そんな繰り返しは溺れている様にもみえるくらい。しかし、本人はそれが当たり前であり勿論おぼれもしません。レースの姿と終わった時の姿を見ていて、あるものを最大限に鍛えて使う大切さを教えてもらいました。言葉にするととても簡単で安易に感じます。パラ選手の日常生活から考えると私の想像を絶するところにあり言葉にならないというのが正しいのかもしれません。

コロナ禍で身動きが取れないと嘆いていても何も始まりませんね。先ずは基本を忠実に守りながらできることを繰り返し行う。アスリートが筋肉を鍛えるのと同様にこうした繰り返しが次へのステップへ行くためにも必要な事なのでしょうね。各自の役割の中で基本を先ず忠実に行ってゆく。

今年のテーマでもある凡事超徹底が一層必要であるのだと今回多くのアスリートから教えてもらいました。