CLOSE

2019年8月

 今年初めての台風10号がお盆の真最中に日本列島を縦断しました。暴風域が大きな台風だった為、中四国に上陸しましたが東京そして名古屋にも強い雨と風をもたらしました。各地では増水などの被害があった模様です。この台風の影響で高知産のニラなどに影響があり、高騰すると共に品質の劣化が顕著となりお客さんに大変な迷惑をかけました。しかし、お盆明けの相場が思ったより落ち着いているので少し心配です。確かにニラなどの一部商品は高騰しましたが、例年だとお盆当たりで高騰する果菜類が落ち着いた相場で推移しており、また、レタス類の値上げも一時的なもので済みそうです。7月は冷夏で衣料品や夏物商材についてスーパーの売上が伸びなかったと新聞で報じられていますが、それだけでなくどうも食品についても消費が減っているように感じてなりません。10月は消費税が増税されオリンピックの建築需要も下火になってきます。韓国との経済摩擦がある中で日本の景気後退するのではないかと、ひとり心配をしております。
有難いことに徐々にではありますが社員数も増えております。皆が満足するような人事制度が必要だと痛感をしている中8月15日付けで田邉さんが退社しました。とても残念です。今年の3月から荻須氏をコンサルに迎えて人事制度の見直しをしております。働き方改革法で残業給が変わり、働く人の時間管理などをしなければならなくなります。そのことも踏まえて現在10名のプロジェクトメンバーと共に制度を作成しています。制度の見直しの主眼として、働く人が成長できる制度ということで進めています。そして、各部署にて違いますが何をすると評価をされるのかが見えるようにしていきます。更には3か月ごとに自らが自らの評価をすると共に上司との評価をすり合わせてゆき仕事のスキル、業務の成果と人間性の成長を確認していきます。
思風塾でも社会をリタイヤしたと思われる方が熱心に講義に耳を傾けておられます。最近では大学でも学び直しという考え方で社会人になってからまた勉強をする方が増えているようです。人間は一生が勉強だと言われてますが、本当にそれを実践されている方には頭が下がります。こうした成長欲というのは人間に備わった本能だと思います。今日と明日の成長を目に見えるようにというのは中々わかりづらいものがありますが、一年でみるとその成長性は目に見えてわかります。そうした成長を支援してゆくのが今回の制度の考え方の根幹にあります。当社の風土にもなっていると思うのですが、先代石橋勇はよく言っていました。「石橋青果という会社に社員として来てくれるだけで有難い」と。私も少し年を重ねて本当にこの言葉の意味が解ってきました。縁があって石橋青果に入社してもらった。その社員ひとり一人が少しづつでいいから成長して欲しい。それは社員ひとり一人の人生が豊かになるという事につながると信じているからです。
会社が成長するという事は社員一人ひとりが成長をしていくという事です。その後押しをするのが人事制度=成長支援制度という事です。かえることは、苦痛が伴うこともあります。しかし、100年勝ち残る企業にするためこの人事制度の改革は必要なものであると私は考えて進めてゆきます。
 

台風明けのお盆

大型台風10号が縦断
お盆明けの本日とっても大変だと思う。
荷物が揃わず担当者の心労は計り知れずです。
被害状況がわからないので何とも言えないが
来週から順調に出荷されることを期待するばかりです。

2つの正義

イルカをめぐって2つの正義という映画がある。
地方に伝わる伝統とグローバルな常識
どちらも正義という言葉で置き換えられている。
意見の違う人がお互いの意見を相手に押し付けると
対立が起こる。
お互いの意見を尊重しあうことが必要度と思う。
暴力では解決ができない。意見を高めあうことが必要だ。

選挙

参議院選挙戦の真っ最中です。
投票しても何も変わらないと選挙にいかない。
将来に不安があると愚痴るのであればまずは
一票を投じに選挙に行って欲しいものです。
未来の子供たちにより良いものを残すためにも

10年後の自分

昨日、アファーメーションという手法を習った。
10年後自分がなっていたい姿を具体的にすると
その文章が未来の自分を作ってくれる。
イチローが小学校に書いた文章がそれにあたる。
イチローはあの文章を苦しい時に読んでいたから
今のイチローになったという事らしい
私は2029年夏、本社ラウンジで冷たいビールを
社員の皆と飲みながら談笑している!

6月

梅雨に入る時期は日本列島において南から梅雨入りというのが例年ですが今年は中部・関東が梅雨入りしているのに九州の一部また関西が梅雨入りをしていないという現象が生まれました。地球の環境が大きく変化して気象状況は我々の体験してきたものとは違ってきているのだと思います。子供たちの時代に住みやすい地球を残しておくことが大切だと思うのですが、経済発展だけを願う政治指導者が多いような気がします。わからない、変わらないという理由で選挙に行かない国民にも責任があると思うので、政治に対してもしっかりと向き合い、7月参議院選挙からでも皆さん投票に行ってください。
 6月1日より大変にお世話になった石橋千秋さんが当社の仲間として働いてくれています。また、24日より当社の考え方、仕組みを覚えてもらうために名古屋にて働いてもらいます。この求人難といわれている時に大きな戦力です。
2013年春の採用活動は3名の学生を獲得できた年でありリーマンショックの影響で14年卒までは就職氷河期と言われた年です。何とも不思議なのですがたった5年の間に採用の環境が180度の変化をしました。当社の求人の仕方も変えていかなければなりません。2021年春採用に向けてもう動き始めています。当社が人に優しくぬくもりのある会社にするためには、社員皆の協力が必要ですのでどうかよろしくお願いします。
 就活をしている学生と話していて思うのですが、将来したことがわからないという子が多いのです。確かに私も学生の頃明確にあったわけではありませんが、コックとして働いた経験をいかし自分のお店を持ちたいと漠然と考えていました。だから、その夢に向かって食品卸の会社に勤めました。当社の会社説明会に来てくれた学生の方に話をするのですが、企業研究をして安定した会社を求めるのは当然のことなのですが、その会社に入って何がしたいかを考えてみてくださいと言うのです。営業がやりたいのか、経理がやりたいのか?漠然とでもいいのでと。多くの学生は自分が会社で働くというイメージが湧いていないように感じます。ただ単に時間とお金の交換をするために就職をするように見受けられます。こんなはずじゃなかったとミスマッチを起こしその会社を辞めてしまうのは時間の無駄になります。広告代理店は転職をキャリアアップと記しているところもありますが数年で退社した方をキャリアがあると認めると思えません。社会人は自分のために頑張っても誰も点数をくれません。相手のために100点のサービス・商品を与えないとお金はいただけません。学生から社会人は大きなステージの変化なのだと話をします。学生の皆には、このステージを変える時だからこそ、今深く深く考えてくださいと伝えています。
 当社は大きな会社ではありません。でも、社員ひとり一人が、ぬくもりと達成感を感じられるような会社にしたいと考えています。だから、目標設定もトップダウンではなく皆に決めてもらっているのです。会社が大きくなることが目的ではなくて皆が成長することによって結果として会社が大きくなることが目的なのです。思風先生は言います。「したいことがわからない時は、今与えられている仕事を真剣に取組む時である。」与えられる仕事や人間関係は色々な縁が重なって目の前に現れてきます。問題があるとしてもそれは乗り越えるべき問題であり、その問題を乗り越えてこそ人間的な成長につながってくると思います。その成長が会社の成長になるという事が石橋青果の目的の一つです。部下を支える人はその人を認めて・許して・待ってあげて欲しいのです。
 

何故利益は必要なのか?

会社は何故利益を上げなければならないのか?
1利益を上げて、納税すること
2社員の雇用を守り続けれること
3環境に対応して新しい投資をするため

1についてですが、日本という環境で我々は商売をさせてもらっています。道路や水道そして直接我々が商売をさせてもらっている市場も大きな税金が投入されています。企業がちゃんと納税をしないと日本の社会が豊かになりません。子供たちに豊かな社会を残すためにも会社は利益を上げてしっかりと納税をすることが大切なのです。私も社長になりたての頃は法人税などの支払いがもったいないと思っていました。しかし、少し大きな目を開くと皆がちゃんと納税をすることが明日の豊かな日本を作り、子供たちに良き環境を残せるのだという事がわかってきました。

2について、納税した残りが会社の内部留保として蓄積されます。この内部留保がリーマンショックなどの様な不況が来た時に社員の雇用を守るのです。当社は特にですが、社員がいてこそ会社の存続ができる。その社員が安心して働けるのは、ちょっとした不況では給与の遅配も起きない、職を失うこともない、そんな会社でなければなりません。だから、利益を上げて納税をして内部留保を厚くするという事が大切なのです。

世の中は変化し続けています。5年後10年後を考えると今の仲卸という商売が本当にあるのか?という事が懸念されます。3については、こうした環境の変化に対応するために新しいことに挑戦をしてゆく必要があります。新しいことをするには資金が必要です。勿論すべて自己資本の中で賄えるのであれば問題なのですがそんなに資金が潤沢にある会社は皆無であり、金融機関に借入を頼むという事が多いのです。その時にお金を借りられるかは、しっかりと利益を上げていることが前提条件であり、健全な経営をしていることが大切なのです。
 
 結論として、利益を上げるという事が社員の幸福と将来のやりがいを作り出す元となると共に少し高い目標に挑戦してそれを達成していくことが社員の人間的な成長に必ず役立つと信じています。

腰浮かせ

江戸の時代に渡し船で沢山の人が
乗船できるように皆が少しづつ配慮して
「腰浮かせ」といわれることをしていたようです。
皆が左右どちらかのお尻を少し持ち上げて座ることにより
詰めることになります。その結果一人余分に座れるという事です。
何とも素晴らしい習慣ですね。
でも、現在の地下鉄などの状態を見ると・・・・?
とても寂しいものがあります。

継続は力なり

つぶやきブログは社員の皆の気づきになればいいなとはじめました。
気が付くとひと月近く更新をしていない。
昨日、安からの日報でご実家の方が
この気まぐれを気にしてくれていると・・・。
本当に有難い。
継続は力なりという自分のためにもこれからも
もう少し定期的に記すことにします。

2019年5月

令和という新しい時代が始まりました。5月に入り初夏というより昼間は真夏の陽気となっております。GW10連休も不足する商品はほぼなく順調に入荷し乗り切ることが出来ました。連休明けに相場が強めに推移をしましたが小売単価が上がったものは売れずに相場が下がってしまっています。生産者には申し訳ない単価が続いています。
 先日44歳になる知人より癌が転移した事を聞いた。身近に居る知人だけに他人事ではない。彼自身も会社のリーダーであり事業計画などを創るに当たり数年後のことを考えるに、何のために計画するのかという事を悩むという事を話してくれた。本当に心中を察する。病気に関しては私自身が彼に対して何を言っても慰めの言葉にもならないと思う。寿命はその人によって違い生死に関して最後は神のみぞ知るという事だと考える。彼には冷静になって考えて欲しいことがある。この日本では個人と法人という人格がある。個人というのはいわゆる個人である。法人という人格があることを世間では知っているようで知らない。法人というのは一つの人格でありだからこそ会社というのは個人の物ではなく社会で生かされる会社でなければならない。そのリーダーである社長そしてそれに準ずる者は個人という人格の他に社会に対する人格があるという事を自覚しなければならない。では、仮に自分が同じ状況になった時に本当にこのような事を冷静に判断し、事業計画書を作成し続けることが出来るかは疑わしいけれど、あえて棚上げして今考える。会社が誰のものか?からはじまるのだと思う。愛読書である田辺昇一氏「成長する会社」には、企業には命があり、どんなに小さくても潰れてはならいと書かれている。通常会社というのは、オーナーがいてそこに働く人々がいる。働く人々には個人としての生活があると共にその家族がある。社員一人を採用すればその後ろには2から3名の生活がかかっているという事だ。私は、確かに石橋青果の株をたくさん持っている。しかし、この株は先代から経営の意思を受け取った証であるだけで石橋青果は私の所有物ではないと考えている。上場会社になれば公共性を帯びてくるという事は当たり前であるが石橋青果は社会=お客さんから必要とされる公共性のある会社でなければならいといつも考えている。石橋青果は社会で必要であり続けるためには、最低条件として会社は社員のものであり、社員皆がこの会社でスキルも人格も成長して会社が成長するのだと考える。だからこそ、リーダーは個人的な理由で会社の成長を止めてはいけない。常に変化する市場や環境をとらえて、会社の方向性を考えるのがリーダーの役目であり社員の成長のためとお客さんへ幸福を届け続けなくてはならない。私が会社を私物化したり、リーダーとしての役目を果たすことが出来ないと皆さんが判断した時は、働く皆さんからちゃんと指摘して欲しい。変えることが出来なければ私は潔く辞める。
 現在、各部門でリーダーがいます。同様なリーダーシップが必要であるといことを彼と同様にわかって欲しいので今回このつぶやきに記しておきます。また、個人の寿命はいつか尽きるものです。しかし、会社はつぶれてはならないとなると、会社は誰かが継承し発展させ続けなければならないと考えます。皆さんが石橋青果で働くことに誇りが持つことが出来てそして、関わる子供たちが入りたいと思うような会社にしてゆきたい。このようなビジョンの下、世代のリーダーを作ってゆく時代になったなと当社を確認しています。
「幸福を届けます」という企業理念を益々進化発展してゆく人が沢山出てくることを心より願います。