CLOSE

2021年2月

立春を迎えていますが、今年は冷たく寒い朝を迎えています。秋冬野菜露地野菜は相変わらず安値で推移、トマトも安値安定が続いています。食卓には優しい価格ですが生産者にとっては今年も厳しい相場となっています。緊急事態宣言が延長され3月7日までとされました。途中で解除というのもあり得るということですが飲食店にとっては死活問題であり当社にとっても減収減益を避けられない環境になりました。

飲食店は感染源の一つではあると思うのですが、今の施策は飲食店のみを対象とし、政府の後手に回った対策を飲食店に押し付けている様に感じているのは私だけではないと思います。こうして記しているうちにも飲食店の店主が営業を諦めてしまうと思うと残念でなりません。当社は飲食店の売上が多く1月から3月は次年度の計画を作りまとめてゆくのが例年ですが、次年度の計画をまとめていて焦燥感と無意味さを今年位感じる年はありません。例年ですと、具体的にこんなお客さんにこうしたアプローチで売上を伸ばすという計画を作り、実行をしてゆくのですが、このコロナ禍ではその計画を描いても絵に描いた餅になりかねないので何ともまとめていて気持ちが悪いです。飲食店の方に今こそ寄り添ったことをしてゆく必要があります。

IOC森会長の発言がトップとして相応しくないという話題が最近マスコミを騒がしています。森会長世代には男尊女卑という考え方が根底に根付いているということなのでしょう。この数年でジェンダーという言葉をよく聞くようになりました。履歴書に男女という欄をなくすとか、同性婚を認めるとか・・・。今回のオリンピックの考え方にジェンダーを越えてという言葉をよく聞きます。私の子供の頃の教えは、男は男らしくしなさいという教えでした。今は違うのかな?「人間は人間らしく生きなさい。」子供に対してそんな風に言うのかなと考えてしまいます。男と女は機能が違うのであるから全く同じという訳にはいかないと思うけれど大人が人間らしくとはどんな生き方なのかを子供にちゃんと示すことは大切なことだと思います。人間らしく生きるということは、概ねではみんな仲良くお互いの事を尊重し、助け合って生きるということになるのかな?これって言葉にするととても簡単だし当たり前じゃんというのですが、中々できないですよね。宗教、人種、国、住む環境、色々な条件によって

考え方が違う人間が仲良くすること自体が難しく、戦争や争いがなくならないのが事証拠なのでしょう。夫婦でさえ考え方が違い色々な事で衝突をします。

お互いが尊重し合って生きる為には、互いの考え方を認め合うことが生きていくことがまず大切だと思います。相手の事を責めることはとても簡単ですが、責めるのではなくどうしてこんな風に考えるのかなと認めることが必要だと思います。ここで難しいのが、こちらがこんなに相手の事を考えているのに相手が分かってくれないというようなことが起きます。そんな時に相手が分かるまで待ってあげるということをすることも必要なようです。更に自分が考えていることがどうしても絶対に正しいと考えがちです。自分の考え方は偏見であるということを自覚をして相手の言うことを聞く、そうしたことが出来るようになると皆が仲良く争いごとが無く過ごせるのだと思います。因みに上記は私が出来ている訳ではありません。いつも思風先生から教えて頂いていることです。毎日が勉強の積み重ねです。感謝!

新しい生活

世間の話題は新型コロナ一色と言ってもいいくらい。

ワクチンと特効薬の早期の実現が望まれます。

感染率と罹患率をすみ分けしていなので実数は我々には

分からないけれども、指定感染症に認定されているのは確か。

感染、罹患をすれば14日間の隔離をすることは間違いの無いことなので

皆さん、マスクの着用、手洗いうがい、食事中の会話厳禁を励行してください。

2021年1月

3年ぶりに今年は寒い冬を迎えています。市場では大根、キャベツは少し値を上げていますが白菜は安値が続いています。例年と比べて全般に安定した価格で推移しています。今シーズンの秋冬野菜の安値を振返り私が気になることが、愛知は野菜の生産地でもあるのにかかわらず野菜の消費が47都道府県でも低いのが現状です。我々市場関係者に責任があると感じています。三河湾という潤沢な漁場もあり、尾州豚・牛もあり、愛知県は食材の宝庫であるという前提の下、所得も高い為に肉魚の消費が高く、野菜という食材が副食材に甘んじ沢山の量が食卓に上らなのではと考えています。野菜の消費を促すことが今後の市場の役割でもあり、こうした活動が我々の地位向上につながるのだと考えています。

正月が明けてからコロナの感染者が急増をしています。緊急事態宣言が再度発出され当社のお客さんにも大きな影響があるようです。とてもやるせない気持ちになります。環境には勝てないと言われますが、逆に環境を克服するという言葉もあります。当社としては後者として活動をしてゆきたいものです。その様な環境の中で我々は、医療スタッフ、金融機関と同様にエッセンシャルワーカであるということを自覚し、先ずは我々が行っている経済活動は世の中になくてはならい仕事であることに誇りを持って仕事をして欲しいと思います。過去には「やっちゃば」と言われた我々の職場でしたが、今はそんな投機的な仕事をしている仲卸は皆無です。外食などを含む小売店のバイヤーが市場に訪れることが皆無になった昨今の取引で我々仲卸の目利きという技術はこれからさらに重宝されるとは間違いの無いことだと思います。更に、この緊急事態の中でも安全な商品を安心して必要な数量を安定して供給していくということをある意味で当たり前の様にしている我々の仕事は大変に意味と価値がある仕事であると思うのです。

その自覚をすることと共に、我々の仕事の仕方を変えてゆくことが必要だと思います。生産者が出荷した商品を確認し、値付けをして販売をすると言う従来の仕事から、レベルアップをしてゆく必要があると言うことです。例えば消費者が買いたいというような商品やサービスを創り出すという仕事が仲卸の仕事になるということです。仲卸会社は消費者の代表であり卸会社は生産者の代表です。仲卸からの提案で生産をしてもらう、小売の現場からの需要を見出して生産現場に伝えてゆくことです。まだまだ、沢山レベルアップの方法はあると思います。物売りをする品売をするのではなくお客さんに飽きさせない商いをすることが我々市場関係者の仕事としなければならないと感じています。こうした考えで仕事を進めてゆくことが我々の更なるやりがいの源泉となり、未来には我々の地位向上となってゆくのだと思うのです。

今年のテーマを「凡事超徹底」としています。当たり前の事に対して情熱を持ってやり続ける。お互いの挨拶から日常の生活態度(整理整頓清掃、報連相確認)の徹底です。コロナ禍のこんな時代だからこそ下を向くのではなく当たり前の事を当たり前にできる人間になる。こうした事を積み重ね、自らのアンテナを高く上げ、その問題点を解決してゆくことが先に述べた仕事のレベルアップにつながると考えています。今年も不透明な年ではありますが、皆で力を合わせていい年にしてゆきましょう

笑顔であいさつ

お互いのコミュニケーションの最初に挨拶があることは

みんな知っていて、みんなやっていると思う。

私は、意識して挨拶をすることを心がけています。

何故なら一番上席だから。

笑顔であいさつ、上司から積極的に実行したいものです。

 

静かなメリクリ

最近繁華街に行っていないのもありますがCVSも飾り付けが少ない様で

クリスマスイブの本日ですが何となく閑散としている気がします。

寂しいなと感じる方も多いと思いますが、医療関係の方の事を考えると

感染拡大は問題です。多人数での宴会はNGですね。

静かなメリクリを!

強いチーム

球技などのチーム競技で強いチームは

個人の主体性があるという。

監督の指示でゲームを進めるのではなく

相手チームの戦術を各自が状況判断をして

メンバー同士が主体性をもってゲームを作る。

主体性とは考えて、行動に移すということ。

会社も同様にチームで運営している。

2020年

2020年はあと僅かで終了します。

新型コロナウィルスにより世界が一瞬にして

変わってしまった年になりました。

人の行き来が当たり前にできない。

病院が今まで通りに使えない。

人のぬくもりを感じる距離に居られない。

2020年は人間は何と戦っているのか?

数年後その答えが出るのでしょうね。

ターニングポイント年になるのでしょう。

謙虚に生きる

思風先生は謙虚に生きろという。

毎月先生の話を聞いているが

最近、謙虚に生きることとは

感謝と謝罪だという。

感謝だけでは傲慢なのだと

ありがとうの他にすみませんという心が必要。

感性論は毎回進化しています。

子供がいるから親なのだ~

携帯電話のCFで

「子供がいるから親なのだ~」

という言葉を聞き本当にその通りだと思う。

大人になっても、親になっていない人は沢山いる。

子供が出来て親としての責任が生まれる。

子供がいるから、学ぶことが沢山ある。

親は子供に教えるよりも学ぶことの方が多い気がする。

2020年12月

市場の中は大根キャベツ白菜など路地作、秋冬野菜で一杯です。今年は本州には台風が当たりませんでした。また、10月11月と大変に気候の良い日が続き各産地の野菜たちがすくすくと育ち豊作であり、それに加えてコロナ禍で加工用の需要が伸び悩んでいます。その様な状態ですから価格は底値をはいつくばり地方市場との乱売合戦を演じる様な日々が続いています。我々も大変ですが生産者の方の手取りはとても少なくなったと思います。食品ロスの問題が取りただされている中ですが、今年は圃場廃棄もやむなしという状態であり、生産者にとっては受難となりそうです。

今年を振返えると新型コロナウィルス振り回され、気が付くと武漢で発生してからはや一年が経ってしまいました。夏になれば感染はしなくなるなどと私自身、たかをくくっていましたがこれからワクチンや薬ができるまでの間は感染が高まったり下がったりの繰り返しが続くのでしょう。その繰り返しの山はもしかすると来年大きくなるのかもしれません。オリンピックがどうやら開催されるようです。菅総理大臣としても悩ましい限りなのだと思います。選手からすれば自らの能力を世界中の選手と高めあいたいという気持ちがあり、ましてや日本開催ですから日本選手の思い入れは大きなものがあると思います。一方で他国の人たちがほぼ無差別で来日し観光をするということなので受け入れる我々日本人は、感染の恐怖がないわけではありません。政治判断を求められ開催すればある程度の経済効果が見込めますがその反面で感染リスクは高まることは間違いの無いことです。いずれにせよ各業界、地域色々なところで賛否両論の議論が展開されるのでしょう。このように来年はコロナと共にオリンピックの開催の有無などと環境の変化が激しい年となりそうです。しかし、今まで過ごした一年という時間も来年という一年の時間もほぼ同じ時間であります。12月は一年の締めくくりと言われるようにこんな変化が激しそうな一年だからこそ今年をしっかりと総括をして欲しいと思います。その上で来年を自分にとってどんな年していこうと考えて欲しいと思います。

私自身「礎の再構築」と年初に掲げました。AIや自動運転の先駆けの時代であると予測し、2030年100億円企業という新たな目標を掲げました。その為に先輩が後輩を育てる風土を構築してゆくという考えで新しい人事制度の開始をはじめました。しかし、思い通りには物事は運びませんね。残念ながら離職が続き、心が張り裂ける思いを味わうことになりました。実際には現場を預かる皆さんには大変に苦労を掛けました。しかし、成長支援制度は12月23日で3回行われ、成長シートなども各自にブラッシュアップされてきています。コロナ禍の環境の中計画を遂行することはできていませんが、皆が協力をしてお客さんの為に仕事をするということは深まっている様に思います。

残す所は2週間、年末年始の追い込みでとても多用になると思いますが少しの時間でも今年を振返り反省をしてください。良かったことはなぜ良かったのか?悪かったことは何故悪かったのか?その上で自分自身の人生が今年より良くなる様に2021年に向けて目標を定めて準備をして欲しいと思います。人類は絶対にコロナには勝てます。それは過去の歴史が示しており、人間は進化し続けているのが証拠です。