CLOSE

常識を考える

世の中が大きく変わろうとしています。
第4の産業革命などと言われているこの頃です。
AIをはじめ自動運転などが始まり配送でドローンが
空を飛んでいるのでしょう。
そんな中で既存の考え方の延長では成長はない。
原理的な変革を考える必要がある。
常識で考えるのではなく、常識を考えることが必要。

19年10月

9月に千葉に上陸した台風15号に続き19号が広い範囲で大雨を降らせまた、河川の氾濫により甚大な被害が出ました。90名の死者・行方不明者の方々と共に被災をされた方々に心よりお見舞いを申し上げます。自然の力の大きさを知ると共に地球の温暖化がとても心配になってしまいます。台風が上陸した10月12日土曜日に東海・関東地方では公共交通機関などは計画運休などの処置がとられました。これにより、飲食店、店舗が軒並み休業をすることとなりました。我々は名古屋の台所としてこの日も休むことなく営業をしておりましたが、帰り道は驚くほどに閑散としていました。
 今月残念ながら社員一名退社となりました。当社の働き方を改善してゆく必要があると実感しております。また、嬉しいお知らせがあります。2人の社員がマンション・自宅を購入そして一人が第2子が誕生しました。若い世代が自立をして、また次の世代をつないでゆくことを実感しました。石橋青果は、これからもっと働きやすく、未来に向けて安定して皆が生活の糧を得られるようにしてゆかねばならないと改めて決意をしました。
 近年の台風等の気象条件を考えるとやはり地球の温暖化ということは否定ができないと私は感じています。温暖化の根本にあるのは経済の発展ということでありその根底にあるのは人間の幸福です。現在は、水道をひねれば水が出て、スイッチ一つで明かりが灯る。更に、車に乗って自分が思うままに相当に速いスピードで目的地に到着することが可能になっています。産業革命からの100年以上加速度的に我々は便利さを手に入れました。森林伐採など人間が地球に手を加えているのは周知の事実です。温暖化した地球を元通りにするには相当な負担を人間は強いられることを覚悟しなければならないと思われます。ちょっとそこまでと車を利用していたのをやめる。寒い、暑いと言って冷暖房を利用しない。このような我慢をある程度することが予測されます。この我慢を人間ができたとすると今度は経済が大きく沈下していくのだろうと思われます。ここで思うのが人間の幸福とは何か?ということです。やりがいがある仕事を持ち充実して日々を送れること、健康な体と必要なお金があること、良き人間関係で心豊かに生活をすることができる。こうした幸福観は、経済が成長するということを前提に作られてきました。現在日本を含め多くの国が高齢化を迎えどのように経済を維持そして上げてゆくのかということが課題になっています。私は、人間という生き物が幸福に生きるということを考えるにあたり経済の発展を前提としてはいけないのかもしれないと思い始めています。自然に優しい社会、地球という資源を後世の世代に残す社会、他の動物とも共生できる社会などと価値観をこれから何十年もかけて変えてゆく必要があると思います。今、人間は地球があたかも自分たちの所有物の様に利用をしていますが、古代から虫は住み、深海には今でも古代から生き続ける魚がいます。地球は我々人間だけ物のではないという認識を持つと価値観が違ってくると思います。では、経済発展なしに本当に幸せになれるのかと問われると全く自信がありません。しかし、今のままでは人間は後世へ美しい地球を渡してゆくことが難しいと気づきはじめていると思います。最後に食物連鎖を考えるとゲノム操作した遺伝子組み換えの食物を食べることには大変な疑問に感じています。遺伝子組み換えによる農業を認めないこと、これも地球を守る一環だと思うのです。

電話の取り方

気をつけたいこと。
携帯電話に登録していない方からの電話。
「はい」というトーンが上から圧力がある言い方。
名乗った瞬間、「あ、どうも」と腰が引けた商売人の声に!

私はいつも
「はい、鈴木です」と出るようにしている。
商売に上も下もない。
それが原理原則

変化

アルペン社のゴルフ5がゴルフ場を運営しています。
昨日、四日市のゴルフ5へ行ってきた。
キャディーなし、食事は朝昼ついている。
クラブハウス以外に働く人がほとんどいない。
それでも50組の満員御礼。
高くはないが安くもない。
社交場であったゴルフ場はかわっている。
人のつながり方の変化何だろう。

2019年9月

 まずもって台風15号で大変な被害のあった千葉の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。2週間以上も電気がない生活というのは本当に大変だと思います。早い復興を祈るばかりです。昨年に静岡で加来所長が体験した1時間程度の停電でも何ともしようがなかったのに長期に渡ることを考えると何か対策をしなければと思います。ハイブリット車を営業車にして災害時には通信環境だけでも対応できるようにすべきかな?
 令和元年の夏も本当に暑い日が続きましたが、このところやっと涼しさを感じる朝夕になりました。入荷は少し寂しい状況で相場もトマト・きゅうりを中心に少し高いなという感じです。しかし、例年であるともっと高値をつけてもおかしくないような入荷量じゃないかなという感覚です。末端が売れていないのかと疑ってしまいます。
 嬉しい報告が皆さんにできます。物流部の北池君が結婚し、赤ちゃんも授かったとのこと。また、岡田君が社員として今後石橋青果に協力をしてくれるとのこと本当に有難いです。また、アソートの深夜メンバーとして張さんもこれから活躍が期待できます。中々採用が上手くいかない中皆様に助けて頂き石橋青果は運営でき感謝します。どなたか働き手がいましたらどうかご紹介をお願いします。金一封!出します
 さて、自分の人生をよりよく生きるという事は皆が望むことだと思います。よりよく生きるとは自分が思い描いた人生を現実にすることだと思います。自分がやりたいことを他人に迷惑をかけることなく社会のためになる方法で実現する。やりたいことは我欲であり日本人は我欲ということを否定することが多いです。欲という言葉は興味や関心という言葉に置き換わると思います。今の自分にない物に興味や関心を持ちそれを手に入れたいという行動が自分を変えてゆくのだと思います。決して我欲は悪いものではなく自らを成長させるものだということです。自分が成長するために我欲を正しく育てることが必要であり、よりよく生きるということにつながります。また、自分が得意なことで生計を立てられるととても幸せだと考えます。得意なこととは天分であり、天分のツボにはまる人生はその人を輝かせることを皆が知っています。天分を見つけるには、やっていることが好きであること、やっていると楽しくてしようがなくどんどんとのめり込んでしまうこと、やり続けているとこれって自分の得意技と思えること、競争するとなぜか他人より勝ってしまうことだと思います。自分には天分が見つからないという人は、ちょっとした壁にぶつかった時にやめてしまったということが多いのではないでしょうか?目の前に出てくる壁はその人を成長させるために出てくるもので、必ず乗り越えられるから目の前に出てくるのです。諦めてしまうから天分も見つけられないという悪循環になるのだと思います。また、あれもこれもと広げてしまうから自分の天分を見失う原因になります。自分にはこれしかないと努力をし続けるからこそ自分の天分が開花するのだと思います。見ていただけ、本を読んだ知識だけでは天分は開花しません。手を汚してやってみてみるからいろんなことを気づきそれが結果として人間的な成長につながっていくのです。それが良き人生を送るということになるのだと思います。
石橋青果は皆の会社であり、ひとり一人が自分の良き人生を送る舞台としたい。
良き人生には良き考え方を身に着けることが大切です。思風塾に参加してください。

毎日積み重ねる

人間は一生勉強という事を学んだつもりではいる。
学んで知識だけため込んでも、人の役には立たない。
その知識を知恵に代えて誰かのためになること。
その結果自身が成長していることが必要だよな。
それが見える化できた会社を作りたいものです。

消費税アップ

10月1日から消費税が上がります。
同時に軽減税率が施行されますが
これが結構厄介に感じます。
コンビニなどでは大混乱になるかもしれませんね。
我々の業界でも、柚が、冬至用のものは10%だって。
同じ柚でも使用用途によって消費税が違います。
これは分かりづらい!

2019年8月

 今年初めての台風10号がお盆の真最中に日本列島を縦断しました。暴風域が大きな台風だった為、中四国に上陸しましたが東京そして名古屋にも強い雨と風をもたらしました。各地では増水などの被害があった模様です。この台風の影響で高知産のニラなどに影響があり、高騰すると共に品質の劣化が顕著となりお客さんに大変な迷惑をかけました。しかし、お盆明けの相場が思ったより落ち着いているので少し心配です。確かにニラなどの一部商品は高騰しましたが、例年だとお盆当たりで高騰する果菜類が落ち着いた相場で推移しており、また、レタス類の値上げも一時的なもので済みそうです。7月は冷夏で衣料品や夏物商材についてスーパーの売上が伸びなかったと新聞で報じられていますが、それだけでなくどうも食品についても消費が減っているように感じてなりません。10月は消費税が増税されオリンピックの建築需要も下火になってきます。韓国との経済摩擦がある中で日本の景気後退するのではないかと、ひとり心配をしております。
有難いことに徐々にではありますが社員数も増えております。皆が満足するような人事制度が必要だと痛感をしている中8月15日付けで田邉さんが退社しました。とても残念です。今年の3月から荻須氏をコンサルに迎えて人事制度の見直しをしております。働き方改革法で残業給が変わり、働く人の時間管理などをしなければならなくなります。そのことも踏まえて現在10名のプロジェクトメンバーと共に制度を作成しています。制度の見直しの主眼として、働く人が成長できる制度ということで進めています。そして、各部署にて違いますが何をすると評価をされるのかが見えるようにしていきます。更には3か月ごとに自らが自らの評価をすると共に上司との評価をすり合わせてゆき仕事のスキル、業務の成果と人間性の成長を確認していきます。
思風塾でも社会をリタイヤしたと思われる方が熱心に講義に耳を傾けておられます。最近では大学でも学び直しという考え方で社会人になってからまた勉強をする方が増えているようです。人間は一生が勉強だと言われてますが、本当にそれを実践されている方には頭が下がります。こうした成長欲というのは人間に備わった本能だと思います。今日と明日の成長を目に見えるようにというのは中々わかりづらいものがありますが、一年でみるとその成長性は目に見えてわかります。そうした成長を支援してゆくのが今回の制度の考え方の根幹にあります。当社の風土にもなっていると思うのですが、先代石橋勇はよく言っていました。「石橋青果という会社に社員として来てくれるだけで有難い」と。私も少し年を重ねて本当にこの言葉の意味が解ってきました。縁があって石橋青果に入社してもらった。その社員ひとり一人が少しづつでいいから成長して欲しい。それは社員ひとり一人の人生が豊かになるという事につながると信じているからです。
会社が成長するという事は社員一人ひとりが成長をしていくという事です。その後押しをするのが人事制度=成長支援制度という事です。かえることは、苦痛が伴うこともあります。しかし、100年勝ち残る企業にするためこの人事制度の改革は必要なものであると私は考えて進めてゆきます。
 

台風明けのお盆

大型台風10号が縦断
お盆明けの本日とっても大変だと思う。
荷物が揃わず担当者の心労は計り知れずです。
被害状況がわからないので何とも言えないが
来週から順調に出荷されることを期待するばかりです。

2つの正義

イルカをめぐって2つの正義という映画がある。
地方に伝わる伝統とグローバルな常識
どちらも正義という言葉で置き換えられている。
意見の違う人がお互いの意見を相手に押し付けると
対立が起こる。
お互いの意見を尊重しあうことが必要度と思う。
暴力では解決ができない。意見を高めあうことが必要だ。