CLOSE

幸福

お金で幸福は買えないのも確かだと思う。
でも、お金が無くては幸福を感じられないことも確かだと思う。
自分たちが生きていくためにお金は必要ですね。
どれくらい必要かは、それぞれの生き方で違ってくるのでしょう。
自らの分をわきまえ、始末しながら必要な額は決まってくる。
必要なお金があることが幸福ですね。

2019年1月

今年は暖冬傾向の昨年末より例年並みの気温となり、鍋物商材が年始より動いていると感じます。予測していたよりも落ち着いた相場でキャベツ・白菜が動いています。昨年10月の台風の時に加工業者の方が輸入野菜の契約をある程度したために落ち着いた相場であるという話も聞いております。これが事実であると、諸外国に生産を頼らねばならないのかと思うと、日本の農業の衰退が速度を増すかもと大変に心配になってきます。
 私自身平成元年に石橋青果に入社して、社会人のキャリアのほとんどを依存しています。年末年始より「平成最後」という言葉が大変に聞かれます。現在産業革命が起きているという事を言われますが、その平成を振り返ると「成程」と感じずにはいれれません。
 パソコンという物が出てきたのが昭和50年代の初めごろだと思います。それまではコンピュターというと現在のスーパーコンピューター並みの大きさであり高価なものであり庶民には全く関係のないものでした。パソコン(PC)はパーソナルコンピューターの略称です。私は6歳上の兄がNECのPCを買ってきたことを鮮明に覚えています。因みにその時は8ビット・・・。利用方法は限られ通信などの機能は全くありませんでした。それが、10年の間にPCと通信がつながり、PCの性能アップと通信回線の向上によりインターネットが普及し世の中が大きく変化してゆきました。CDが登場しレコード盤というのはほぼなくなりました。デジカメが登場しフィルムそして写真という物がほぼなくなりました。レコード針の会社のほとんどがなくなり、世界最大のフィルムメーカーは会社の方向性に苦しんでいるようです。変わったのは、商品だけでなく生活様式と人との関わり方も大きく変化したと言われます。昭和の人間は画一化した人間であり、働いてお金を稼ぐことに大きな価値観を感じている世代です。ゆとりの時代と言われた平成の世代は多様性の世代だといわれ、お金に大きな価値を感じず自分の時間や自分の生き方に大きな価値観を感じています。よって、若い方の消費減は社会の活性化に影響を与えています。現在20歳前後より若い方は、幼少期からタブレットやスマフォに親しみ、多様性から個人の世代だと言われているようです。部活の指導方法に疑問を感じたらそれをSNSに上げて、社会からの賛同を得る。個人の世代では当たり前なのでしょう。暴力は論外ですが先生等の批判をすることをタブーとされて育った私からすると何か違和感のある人間関係ですが、それがこれからの社会の常識になってゆくのだと思います。明治・大正・昭和の三世代を生きてきた方を私は全く考え方の違う頑固者ととらえていましたが、昭和・平成・そして新しい元号を迎えるに当たり、現在二十歳以前と共に新しい元号世代は、我々のことを全く異なった考え方の世代であるととらえるのだと思います。
 先月も記しましたがここ数年の日本の変化は私の想像をはるかに超えるものになるのだろうと考えます。だからこそ、自らの原点を見直す必要があると思い、今年の私の年間テーマは、「原点と未来」としております。原点をしっかりとらえて、自分が何者であるか、自社の売り物とお客さんは誰であるのか、をしっかりと踏まえ未来を考えることが必要な一年だと考えています。AIの進化により、正しいのはどちらと聞けばAIが答えてくれると言います。しかし、我々はAIに使われてはいけない、AIをしっかりと使いこなしてゆくことが必要なのです。これからの新しい技術にも迷うことのなく、原点をしっかりととらえながら未来に臨むことのできる人物になります。
 今年一年、どうぞよろしくお願いします。

幸福

生きがいを感じられることって幸福だと思う。
社会人になって、仕事をすることそれを通して納税をすること
これは国民の義務であります。
この仕事でやりがいを感じられるようになるという事は
幸福だと思う。
仕事でやりがいがあるという事は、仕事の中に出てくる問題を
自らの力で解決ができるという事であり、
そうした仕事ができることではないのかな?

幸福(しあわせ)

幸福(しあわせ)の条件の第一は健康だと思います。
大阪に居る6歳上の兄が心筋梗塞により病院生活をおくっています。
正月を病院で過ごし、思うように動くことができないのを見ていて感じます。
働いて、どこへでも出かけられて、好きなものを食べられる。
この当たり前が本当に幸せなのです。
まずは、健康という事が幸福の第一条件です。
私もそうでしたが、若いうちはこのことがわからない。
健康管理をすることはとても大切なことです。

初市式

本日初市!明日が休日となり当初は
飛び石となっていたため入荷が心配でしたが、
ある程度の商品は入荷している模様。
生産者に感謝です。

消費税率のアップや市場法の改正等で先行きは不透明も多々ありますが
基本を忠実にしっかりと仕事をして、皆が力を合わせて頑張りましょう。

人は人で磨かれる

自分より優れていると素直に認められる人がいる。
それがライバル。
中高の野球で4番でエースは当たり前。
でも、ヤンキース松井は高校時代、
同じ野球部内に天才投手がいたからこそ
投手は首となり打者として専念し大成をしたという。
ライバルがいるから自分の位置が分かり、
自分の本当の能力を見出せるのだろう。

人は人で磨かれる

年末の風物詩、箱根駅伝が終わった。
青学は残念ながら総合優勝5連覇は達成できなかった。
早稲田・中央などの常連校がシード権を落とす中
新勢力の東海と東洋そして国学院が頑張っている。
事実の裏付けは分からないけれど、
青学が新たに王者に君臨したからこそ
その打倒を本気で思った監督が図式をかえたのでは?

新年に向けて

今年も残す所1日
時は過ぎて正月は、やって来るけど
元旦という時を一つの区切りとしてとらえ
次への理想をかかげ、計画を考えるか否か?
成長をしたいと願うのならば未来の理想を思い描くこと
私も皆の幸せのための理想を掲げる。

年末

一年間お疲れ様でした。
明日をもって概ねの年内の仕事は終わります。
とはいえ、31日も配送・外食の仕訳については
なくなるわけではありませんので、担当の方には苦労を掛けます。

年末に本店2階を掃除していて
先代の思いや先輩たちの姿が思い出されました。
原点ですね、あの事務所は。

2018年12月

今年の冬は、寒くなってきたというのが12月上旬からです。しかし、昨年が寒む過ぎたのもありますが、寒いという感覚が余りありません。この暖冬によりキャベツ・白菜・大根に関しては安値が続いています。昨年高かったのと正反対に今年は生産者の方に申訳無い位に安値が続いています。太平洋側に雪が降ることはなさそうなので年末年始もキャベツ・白菜・大根に関してはこのままの安値推移で行きそうです。どうか皆さん沢山の野菜を食べてください。野菜を食べることは健康にはとてもいいことですから!!
 平成最後の年末年始となります。天皇におかれましては本当にお疲れ様でした。象徴という大変なお立場で、慈愛の深い眼差しで国民をいつも励まされているお姿には頭が下がります。年号はどうなるのかわかりませんが、新しい年が後少しで来ることには変わりありません。今年一年を真摯に反省して来る新しい年を良き年にしたいと思います。
 来年は相当に難しい年になると思われます。10月には消費税増税が決まっており9月まではある程度の駆け込み需要があるようです。そして、2020年オリンピックの年ですが、概ねの土木工事と建設工事は19年に終了してくる見込みです。政府も駆け込み需要で終わらないように対策を立てているようですが、庶民には幸福感のない今までの好景気の中で持続的に景気拡大が続くのは私は難しいと思います。加えて、先日読んだ本に「日本の国難」(中原圭介氏著)にはアメリカがリーマンショックの引き金になったサブプライムローンと同様程度の民間債務がたまっており、利上げがなされれば2008年の様な景気後退が予測されるとのこと。来年の今頃には、派遣切りなどのNEWSが飛び交っているのかもしれません。そこまで酷くならないとしても、オリンピック後の景気減退はやはり懸念されます。我々食品業は景気に陰りがあるくらいの時が良い人材の募集時期なのかなと思っておりますので、よくないこととは思いながら少し景気が下がり傾向になってくれないかなと私自身願っております。(笑い)4月からの安倍政権の海外からの労働力の確保に期待をしており、今の労働力不足は少し解消されるのではと期待しております。今、大変だなと思いながらも人員が確保できる状態はそんなに遠くないと私自身は考えております。コンテナ洗浄事業ならびに運送事業がキックオフできるように粛々と準備をしてゆきます。
 皆さんにおかれましても、今年をしっかりと内省して、来る新年に向けて決意をして頂けたらと思います。大晦日と新年はいつもの24時間であり何も変わりのない時間の経過ではあります。でも、人間は反省ができ、反省の上に改善を加え更なる成長をすることができる唯一の生き物です。良き人生を送りたいと誰しも考えているはずです。そう願うのであればその願いを現実のものにするために、自分がどうなりたいのか、将来どんな生活をしたいのかを考え、具体的にすることが必要だと思います。人間には“我欲”がありそれを抑える必要はありません。但し、我欲のままに生きるのは野獣ですので関わる人との共生をすることはちゃんと考えてください。その区切りになる時間の点が正月と考えるといいのではと思います。その時間の点を起点とするかしないかは、その人が送る人生が毎年進化するかしないかにつながるような気がします。是非皆さんにもただ単に時間的なつながりにならず、自らが成長するために起点となるような元旦をおくっていただけることを願うばかりです。
 今年の残りの時間が皆様にとって有意義であり、また、新年号ができる新しい年に皆様が平和で元気になれる年になることを心よりお祈りします。