CLOSE

大和魂

男たちの大和を鑑賞した。
何のために生きるのか?

神尾(仲代達也)は、戦後60年たち判る。

我々は何のために生きているのか?

そんなことを考えさせられる。

重い思い!

でも考えつづけなければならない

指きりげんまん

生業
家業
企業
一体うちはどこに属するのだろう。
企業なら納税の義務・雇用を守る事は社会性として当たり前
株主のために働くと言うことは、私のため?
違うな・・・・!

生きるために稼ぐのとは少し違っている。生業。。。

じゃぁ 
家業・・・???

同属社員は、とうちゃんかあちゃんの2名だが もう権限はない。

家業と言うことは社員が家族と言う定義にしても良いかもしれない。
すると 企業の社員は、家族じゃないのかな?

どんなに会社が大きくなっても家族的な要素は残したい。

大きくなるより強い会社が目指すべき所
やはり 家族的要素の強い社員と共にやっていきたいな。

アゲアシ

なんかおかしくないかい!

民主党の永田議員・・・。
武部さんの疑惑?・・・・違うと思う
ただのアゲアシ取り

アゲアシ取りがまたアゲアシ取られた・・・・・。

こんなので本当にいい政治が出来るのだろうか?
マスコミも喜んで連日取り上げる。

もっと本質を見て欲しいよね。

同業他社のアゲアシを取ってお客様にしたところで
また他の同業他社にアゲアシ取られるようなもの・・・。

少なくとも我々は、自社が何を売っているかを考え抜いて
それを磨き お客様のためになる仕事をしたいですね。

来週のお買い得情報

ほうれん草

この陽気に誘われてほうれん草はぐんぐん伸びています。

今年のほうれん草は、本当に甘味があっておいしいですよ。

寒さの中耐えそして育ったからでしょうね。

心を躍る

荒川静香さん金メダルおめでとう!
村主さんもそうなんだけど
なぜか 彼女達の演技を見ているだけで心が躍る!
同じ日本人と言うだけではないと思う。

彼女達の背景が判るから我々の心が躍るように思う。

毎日毎日練習を積み重ねる
結果は一瞬!

我々の商売と実は同じなんだと思う。
ひとり一人のお客様に商品を買っていただく。

毎日毎日積み重ねる。
それが「信頼」と言うものになる。

オリンピックのようにある一瞬の舞台は無い変わりに
毎日毎日が我々ひとり一人の舞台の連続だと思う。

それを教えてくれたのが”しーちゃん”です。

今日は、寝不足だけど心が躍っています。

平成18年2月

やっと春らしくなってきました。ご家庭の皆様におかれましては、野菜の高騰が随分家計を圧迫したのでは・・・・?しかし、3月は、多分 野菜は安くなると思います。
順調に暖かくなってくれれば 遅れていた葉物野菜がたくさん出てくると思います。

さて 耐震強度偽装問題 そして ほりえもんにおいては、証券取引法の違反と風説の流布の罪にて逮捕!自分達だけが儲かればよいと言う余りにも勝手な現象がありますね。そして 衝撃的なのが滋賀県の幼稚園児2名の殺害事件ですね。親の勝手な思い込みにより大きな将来のある2つの命は、もう帰る事がありません。これも余りにも自分本位ですね。
世の中の何か?が無くなってしまったように感じます。皆さんは、そう感じませんか?何がなくなってしまったのだろう・・・他人を愛すること、自分を愛すること・・。私は、そんな風に仮説を建ててみます。我々は、一人では生きては行けない。人間は、長所半分と短所半分を持った生き物です。そして 皆が各々の短所をカバーし合って生きています。あの人が困っているからとか、これを開発できたとしたら皆のためになるとと言う理由で色々な事業が生まれてきたと考えています。これは他人を愛し、 自分の能力を信じ自分を愛したからこそ その事業も成功したのだと思う。ある一部の人の利益のためだけになる事業を誰が支援(その商品を買う事)するのでしょうか?
電気、ガスから自動車、飛行機・・・・農業だって同じ事がいえますよね。「おいしい野菜を作って 皆に食べてもらいたい」と言う気持があればこそだと思います。
椎茸を栽培して当社に納めて頂いている宮部さんと舩戸さんと一緒にイシハラさんの年末商談に行ったとき 言われた言葉が「売り先が判ると一段と一所懸命に作らなきゃと思っちゃうね」と・・・・これってイシハラさんを思う気持と自分の栽培技術を信じているから出てくる言葉だと思います。
 他人を愛するには、自分を愛することからはじまるそうです。
でも 自分だけ愛そうとすると人間不信になり、結局 あの幼稚園児の母親のようになるのではないでしょうか?但し 彼女の場合は、その他に何か精神的な不安があったのだと思いますが・・・。
我々の仕事においても全く一緒ですよね。

大澤取締役は、世の中はつながっている、それは、人と人がつながっているのを感じると言っていました。その通りだなと思います。つながるには、他人を愛することと自分を愛することだと思います。
ちょっと判りづらいかな・・・・?

平成15年12月

2004年という新しい年がもうそこに来ています。皆さんにとって2003年という年は、どのような年だったでしょうか?この時期だからこそ 自己を振り返ってみてください。
楽しい事、辛い事、うれしい事、悲しい事、など等色々な事があったのではないでしょうか?
できれば1項目づつ挙げて反省してみてはどうでしょうか?何故そうなったのか?それに対し自分は、どの様に行動したかを書きだしてみては如何でしょうか。
 「反省」を下記のように定義したらどうでしょう?
悪いと受け止められる事柄に関しては、2度と同じ失敗を繰り返さない為に行うもの。
良いと受け止められる事柄に関しては、質を高める為にどうしたら良いかを考える。
その反省を踏まえ新たなる決意と共に、2004年という年を迎える事ができれば、ただ時間の経過とは違い、大晦日から元旦へという時間の経過になると思います。

「セレンディピティー」という映画を見た方もあることでしょう。「セレンディピティー」という言葉は、直訳すると「偶然によって予想外な発見をする幸運」だそうです。
例えですが、アルキメデスが王冠に不純物が混ざっているか否かの測定方法に気付き、裸でお風呂から飛び出した話は、有名です。他にも色々ありますが 科学者の大きな発見は、全てセレンディピティーであるという人もいます。
最近私は、この手の話を色んな所で聞きます。「今日の話もここが落としどころなのか・・・」こことは、簡単に言うと「念ずれば花開く」です。つまり、アルキメデスは、王冠に入っているだろう不純物を 王冠を壊すことなくどうしたら証明できるだろうかを毎日思案していたのです。毎日、真剣に考え続けていたのです。風呂のお湯がこぼれるのを見て「おお!これだ・・・」と、気付いたのは実は、偶然ではなく必然であるというのです。アルキメデスが真剣に思い悩んでいたからこそ偶然を装って必然が向こうの方からやってきたのです。
 自分のやりたい事を、「できる」「できる」と念じ自分自身に思い込ませることが実は、偶然を呼ぶわけで、それは、偶然ではなく以前から決まっていた必然なのです。
もう一つ例を。20歳のA君は、真剣にお付き合いする彼女が欲しいと願っていたとします。
A君は、彼女はできるのですが、真剣にお付き合いしたい彼女が現れません。
「何故なんだろう・・・社長のつぶやきとチャウじゃん」とA君は、思うでしょう。
A君は、実は、本当に願っていないのです。色々な女性と付き合い、じっくり自分に合った女性を探したい、本心はもっと遊びたいので結婚をせまられたら困ると思っているのです。だから、A君の前には、真剣にお付き合いする女性は、現れませんし、言い換えれば本当に真剣にお付き合いしたい素敵な女性を求めては、いないのです。
この様な話が私の五感を刺激するのです。という事はもっともっと大きな志を建てろ!と
何処かの神様が言っているのかなと感じています。それももっともっと真剣に・・・・・

2004年を目の前にして 新たなる決意(自分との約束)を建ててみたらいかがでしょう?
新たなる決意を自分自身にやり抜くという強い意思が その決意を成功させる大きな要因と成ることでしょう。

平成15年11月

さて先月は、当社の経営理念をお話しました。
「幸福を届けます」をチョッとおさらいしますと
幸福の「幸」は、山の幸、畑の幸、太陽の恵みを鮮度良くお届けする事です。
幸福の「福」は、相手に対する思いやり、こころの豊かさを届ける事です。

経営基本方針
 ・ 山の幸、畑の幸、太陽の恵みを通して、こころの豊かさと安心を提供します。
 ・ 信頼される食品流通をとおして、お客様に適正価格でタイムリーに野菜を提供します。
 ・ 社員のやりがいをつくりだし、達成感や成長感を感じ取れる組織にします。
この経営基本方針にのっとり当社は、常に経営してゆきます。

では、皆さんに質問?「あなたの幸福って何ですか?」
お金・時間・健康・家族・達成感・生き方・・・・・色々なキーワードがあります。
皆さん、考えてみてください、自分の「幸福」を。
幸福の定義は、100人いれば100通りあると思います。皆さんの「幸福」と会社の「幸福」が同じ方向に向かなければ、お互いが不幸になってしまいます。上記の経営基本方針を今一度読んでください。私は、どうしたら皆さんが達成感と成長感を感じ取れるのか?と常に
考えています。こうしたいという意見がありましたらどしどし教えてください。

青経塾で聴いた話です。地獄でも天国も長~い箸を使って食事をするそうです。
地獄では、我先に食べ物を取り合い争いが絶えず、自分の箸で自分の口に運ぼうとしますが箸が長すぎて食べ物は口に入りません。でも、天国では、自分の箸で、相手の口に食べ物を運んであげるのです。すると 争いも無く結局は、相手も自分の口に食べ物を入れてくれるのだと聞きました。
 私は、天国の様な事ができる社員間の人間関係ができたら 幸福だと感じます。

平成15年10月

経営理念について、
経営理念無き会社は、存在価値が無く潰れていくと言われています。
では、経営理念って何でしょう? 
一言で言い表せば、皆さんが仕事をする時の判断基準です。
当社の経営理念は、「幸福をお届けします」の7文字です。
商品を仕入れる時、配達する時、加工をする時など等、Aのやり方とBのやり方は、どちらがいいんだろう?と迷った時、常に思い出して下さい「幸福を届けます」を・・・

幸福の「幸」は、山の幸、畑の幸、太陽の恵みを鮮度良くお届けする事です。
幸福の「福」は、相手に対する思いやり、心の豊かさを届ける事です。
では、思いやり、心の豊かさをどのように届けるのか?
それは、顧客が何を望んでいるのかを察する事です。
届けるまでの時間であったり、何が欲しいのか察して直ぐに目の前に出してあげること
そんなことが、相手に対する気遣いです。
「察する」「気遣い」は、その時に成ればできるものではありません。毎日毎日の訓練が必要なんです。顧客のことを常に考えること それから始まります。できるようで、できないことです。
「察する」「気遣い」をする事は、あなたが成長する上で必要不可欠なことです。
顧客に対してだけではなく、社員同士がお互いに思いやりもって接する訓練を常にしてください。

幸福を届ける順番は、お客様、取引先、家族、そして自分だと私は、考えています。
相手より先に、自分たちだけが多くの幸福(利益)を手に入れてしまうと、相手から見放されてしまうでしょう。一時に多くの利益を得るよりも長い期間に渡り利益を出し続ける事が大切です。  当社が幸福を届け続ける為には、適正な利益は、必要です。
利益とは、高く売る事で得られるものだけでは、ありません。物を大切にし、時間を節約する事により、まだまだ当社は、利益を出す事ができるでしょう。これは、皆さん一同が協力し合うことによりなし得ます。これが私の考えです。